2020年2月24日 (月曜日)

モニューシコ/歌劇「ハルカ」 アン・デア・ウィーン劇場(BS-NHK)

Halka4
Halka
Oper in vier Akten (1858)
Musik von Stanisław Moniuszko
Libretto von Wlodzimierz Wolski

Halka, ein Bauernmädchen  Corinne Winters
Janusz, ihr Verlobter  Tomasz Konieczny
Jontek Piotr Beczała
Stolnik Alexey Tikhomirov
Zofia, seine Tochter Natalia Kawałek
Dziemba, Haushofmeister Lukas Jakobski
Dudziarz Sreten Manojlović

Musikalische Leitung  Łukasz Borowicz
Orchester ORF Radio-Symphonieorchester Wien
Chor Arnold Schoenberg Chor (Ltg. Erwin Ortner)

過去記事:モニューシコ:ハルカ

あらすじについては過去記事参照のこと。(何故かゆうべのハイティンクのブル7の録画を見ながら記事書いてるすいません)

ポーランド音楽エセ研究家を名乗るわたしなので、放送は大変うれしく思うと同時にNHKがなんでこんな珍しいオペラを放送するの?しかも日本でやったわけでもないのに・・・と思いつつ鑑賞。が、エンドロールでNHKが製作(放送?)にかかわってたのを見て、納得。もっとやってほしい。

ご覧になった方も多いと思うが、「農奴のハルカとちょいと遊びのつもりで男女関係を結び妊娠させたあげく捨てた貴族がコロされる話」という週刊文春真っ青の内容ながら、今回の演出はウィーンらしい(?)洗練されたセットと演出。時代設定は現代(ファッションは60~70年代な感じで、ツィギーとかシルビー・バルタンとかの・・・または「別に」のときの沢尻エリカ容疑者みたいな感じ)になっており、高級ホテルの主と従業員などという風に変えられている。

このところ足を怪我していて(わたしが)、毎週か隔週で整形外科に通って週刊文春の最新刊を熟読する(かなり待たされるので)という生活なので、全くイケメンでなく「ただの太ったヨーロッパのおっさん」な容姿のコニェチュニがオペラの内容からどうも東〇〇大に見えてしまい、ハルカちゃんならぬえりかちゃんをこんな感じで口説いてたのかなあとか妄想してしまった。(わ、わたしだけ?)

このオペラは実は対訳がついたものを観るのは初めてなので、どんな内容の歌詞なのか初めてわかって大変興味深いものがあった。現代的なカッコイイ舞台装置なのに、歌詞は「ポーランド民族を全面に押し出した感じ」なので、ハルカは出てくるたんびに自分の愛する人を「わたしのハヤブサさん」とか言ってるし(どういうこと?)、もののたとえがすべてポーランドの土地とか川とかの名前になっているのが全然画面と合ってなくて面白かった。

音楽も「これぞポーランド民族音楽!」という感じでモノトーンのとっても素敵なワンピースを着た淑女たちがポロネーズだかマズルカだかの(よくわからんが)ダンス・ミュージックに乗せてかっこよく踊るのもなんか合ってるんだか合ってないんだか。
演出的には全体的にはおどろおどろしい感じは少ないのだが、最後のほうでハルカが流産して股から血を流してたりしているのがなんかヨーロッパだなあ(日本ではやらなそう)と感じた。

歌手は。これぞ現代のポーランドの誇る、普段はワーグナー歌っているのしか見聞きしたことないテノールのベチャワとバスバリトンのコニェチュニが出演(少し前でいうとヴィエスワフ・オフマンとアンジェイ・ヒオルスキみたいな感じ?)。とくにコニェチュニはよく日本にも来てくれてワーグナーを歌っているのでわたしはポーランド人ということをさっぱり忘れており。ああ、この二人はポーランドの人なんだなあと再確認。

しかし。驚いたのはタイトルロールのハルカ役はアメリカ人(らしい)だったこと。最初っから最後まで狂乱の場みたいなこの役を、難しいポーランド語で歌い切った。コリン・ウィンターズという名前は覚えておいていいかも。アンデアウィーンのドイツ語での解説によるとロイヤルオペラとかで活躍してるみたい。他にルサルカとか歌ってるようだからこういったなじみのない言語に強い人なのかな。

他にヤヌーシュの婚約者ソフィー役のNatalia Kawałekというポーランドの歌手は素敵なカツラとコスチュームを着こなしていて素敵だった。ハルカに恋する幼馴染役のベチャワは「ポーランドではたぶんわりと有名な」アリアを朗々と歌い、たくさんのブラヴォーを貰っていた。たぶんポーランド・ラジオで何回か流れたのだろう、この「おお、ハリーナ(ハルカちゃん)」という歌詞は耳なじみがあった。

なお、エンドロールで出演者やスタッフの名前が流れてきたときに「アルファベットのLに斜め45度の斜線がささったもの」がたくさん見えたので、「あああポーランド人がいっぱい!」と喜んだのはたぶん日本でわたしだけだ。

Halka2
Halka3
(舞台写真はTheater an der WienのHPより借用)

| | コメント (0)

ハイティンク インタビューを見て

昨日BSで放送されてた、ハイティンクのインタビュー見ていたら、自分が唯一彼の生演奏を聴いた(私にとって伝説の)ロイヤルアルバートでのリング(ただし「ラインの黄金」は観なかった)について語られており、なんかとても嬉しくて感動してしまった。本当に素晴らしい演奏でした。長い長い指揮生活の中で、あのリングはハイティンクにとってもエポックメイキングな演奏だったのですね。でも、「こんな大きなホールの聴衆に挨拶するなんて無理だ」なんてハイティンクってホントにシャイな人なのね。

80b1b91eb6a7401caeb091372fb70e5b
3905e48829204d83a680d81b7f569c06
A38b15383b554e668a4bc4c1db854321
Bf31e9b334a54b9794fe5e071083c1e8

過去記事:ハイティンク/リングinロンドン「ワルキューレ」

ハイティンク・リングinロンドン「ジークフリート」

ハイティンク・リングinロンドン「神々の黄昏」



| | コメント (0)

2020年2月16日 (日曜日)

R・シュトラウス/エレクトラ ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング

054ffcdf80dd45f5b84953d2b0c4af96
Richard Strauss Elektra

Dirigent Semyon Bychkov
Regie Uwe Eric Laufenberg
Bühne Rolf Glittenberg
Kostüme Marianne Glittenberg
Licht Andreas Grüter
 
Klytämnestra Waltraud Meier
Elektra Christine Goerke
Chrysothemis Simone Schneider
Aegisth Norbert Ernst
Orest Michael Volle
Pfleger des Orest Marcus Pelz
Vertraute Simina Ivan
Schleppträgerin Zoryana Kushpler
Junger Diener Thomas Ebenstein
Alter Diener Dan Paul Dumitrescu
Aufseherin Donna Ellen
1. Magd Monika Bohinec
2. Magd Margarita Gritskova
3. Magd Ulrike Helzel
4. Magd Lydia Rathkolb
5. Magd Ildikó Raimondi

ビシュコフ指揮によるエレクトラ。私はこのオペラを生で聴いたことはない。あんまり日本でやらないから。この出ずっぱりでキチ〇イじみたタイトルロールを歌える人はあまりいないからだろうか。その昔小澤さんが上演したことがあったような気がするが私は行かなかったなあ。

タイトルロールはクリスティ―ヌ・ギュルケ(と言うよりアメリカ人なのだからクリスティン・ゴーキとかガーキとかの方が正しいのかな)。初めて聴く歌手だがこの役を得意にしているのかな、完璧に歌いきっている。すげえとしか言いようがない。まあ、別に私の好みの声でもないのだけど。その昔エヴァ・マルトンの歌ったCDを好んで聴いていたけど、役から醸し出す狂気のようなものはやっぱりマルトンだな。っつーか、今回の衣装が黒のパンツスーツだったので、ぱっと見指揮者のシモーネ・ヤングみたいにも見え。

妹役のシモーネ・シュナイダーは、姉妹ともどもだがどうも見た目芳しくなく(オペラだからしょうがないかあ)、オバハンがレースのワンピを着ているのがなんか痛々しくて・・・歌は良かったけど(ならいいではないか)。

サロメに続いてお母さん役はマイヤー。こないだよりはずっと年齢設定はおばあさんになったようで白髪に車いすで歌ってた。まだまだ元気で美しい。

演出だが、まあウィーンらしいわかりやすい普通の演出(こないだのフィデリオはなんだったんだ??)。最初に侍女だか奴隷だか?半裸で鞭打たれてたり水道の水ぶっかけられてたりなんか気の毒だった。ウィーンは東京よりずっと寒いのに。あと、まあ不思議だったのはエレクトラとオレストが再会して喜んでいるときに上着脱いで結構いちゃいちゃしていて見た目あんまり芳しくないなあと(おじさんとおばさんのいちゃいちゃは恋人役ならまだしもきょうだいはなあ・・・)。個人的な意見ですが。歌は良かったですが(ならいいでは)。

あと、結構グロテスクだったのは母親と義父が暗殺されたあと舞台上のエレベータに死体が乗って運ばれてたところで、あとからあとから死体が昇って行くのがちょっとフランシス・ベーコンの絵みたいだなって思った。そのあと、エレクトラが喜びの踊りを踊るときにバレエ団のダンサーたちがたくさん出てきて一緒に踊ってたのがなんか珍しかった。

ビシュコフの指揮はまあ普通かな。ところでビシュコフってラベック姉妹の妹のほうと結婚してるのね。あんな濃い顔なのに。あと、侍女役でイルディコ・ライモンディが出てて、懐かしかった(その昔ウィーン旅行のとき彼女のホフマン物語のデビュー舞台を見たので)。

983ccc9a395643cc9096975a2a710bbc

------

ところで、ネットでニュースになったがアンジェラ・ヒューイットの愛器のファツィオリを業者が運んでいる途中で落っことして破損してしまったというのを見て、二重の意味でブルブルしてしまった(普通にファツィオリの音が好きなので悲しいのと、運送会社に勤めているので損害額を思うと恐ろしい・・・)。ヒューイットは一回ブラームスをナマで聴いた。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火曜日)

マスクを作ろう

19710bf79d21444fb2fbdb604c678919

使い捨てマスクはまだ60枚くらい家にあるのだが、マスクを作る動画がネットにたくさんUPされており私も作りたくなったので作ってみた。ダイソーで3枚100円のガーゼハンカチ、ゴムも100円で購入。(マスク用ゴムってのは売ってなかった)


(以下全く自己流で考えて作成)

・まず、洗うと縮むので一度水につけて絞って乾かす。

・大きさをめいっぱい利用したくて、ハンカチの周りを糸でかがってあったのをブリブリとほぐした。二つに畳んで、長辺のほうを5ミリくらい縫い代をあけてわっかに縫い、うら返す。


・横幅22センチくらいにばっさり切る(私は小顔なので小さめ)。余ったぶんは捨てずにわっかの中に入れて補強に使う(実質4枚重ねになる)。


・使い捨てマスクの針金を何個か取っておいたのを使用。上部にセットして、針金の横から囲むように縫う。(なくてもよいが、私のようなメガネ女子は針金ないと曇るのじゃ)

・適当に折り込んでプリーツを上下に作り、待ち針で止める。ゴムを通すように(プリーツが崩れないように)両横を2.5センチくらいづつ折り畳む。1.5センチくらいのゴムの通るくらいの穴ができるように縫う。結構厚手になるので調子の悪いミシンだとキツイかな。

・30センチくらいの長さにゴムを切り(私は小顔なので以下ry)ゴム通し(ヘアピンとかでもよい)で通して結ぶ。余分な糸や縫い代の余ってるところを切って奇麗にして出来上がり。不安ならば一回煮沸して乾かして使うとよいかも。

・私は小顔なので(←しつこい)100円ガーゼハンカチセットで3つマスクが作れるが、顔が大きいおともだちはハンカチ2枚必要かも。

ガーゼマスクは何回か洗って使えるのもよいのだけど、使い捨てマスクよりも温かいので防寒にもよいかと思う。ただ、なにぶんにもガーゼなので花粉は防げないかもしれない。(図解がなくてすいません。)

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月曜日)

モニューシコのオペラ「ハルカ」NHK-BSで放送!

大変よ!モニューシコのオペラ「ハルカ」をBSで放送するそうよ!
しかも、キャストはコニェチュニやベチャワなんてバイロイト・スターティングメンバーよ!
 
NHK-BS プレミアムシアター
2月17日(月)【2月16日(日)深夜】午前0時00分~
(新国立劇場バレエ団ニューイヤーバレエのあとなので真夜中だ、きっと。)
ポーランドでの上演じゃなくて、アンデアウィーン劇場っていうのもなんだか。

過去記事:モニューシコ:ハルカ

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日曜日)

ヴェルディ/オテロ  ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング

Otello-styanova-und-gould

Giuseppe Verdi Otello
Dirigent Jonathan Darlington
Regie Adrian Noble Ausstattung
Dick Bird Bühneneffekte
Basil Twist Licht
Jean Kalman Kampfmeister Malcolm Ranson
Regieassistenz Joanne Pearce
 
Otello Stephen Gould
Jago Carlos Álvarez
Desdemona Krassimira Stoyanova
Emilia Bongiwe Nakani
Cassio Jinxu Xiahou
Roderigo Leonardo Navarro
Lodovico Ryan Speedo Green
Montano Clemens Unterreiner

ぼくらのヘルデン・テノール、スティーヴン・グールドがオテロを歌うというゴーカ版。有名歌手のタイトルロール、人気演目だからさぞや券を入手するのは大変だったろう。しかもデスデモーナはストヤノヴァ、イヤーゴは昨年新国でジャンニスキッキ歌うのを見聞きしたアルヴァレスである。(アルヴァレスは終演後25年だかウィーン国立で歌ったのを監督に表彰されてた・・・たぶん。「25年以上もここで歌ってるのにドイツ語喋れなくてごめんね」とか言ってた。)


グールドは日本によく来てくれてワーグナーの諸役を歌うのを見聞きしているのでいつも思うのだけど、ガタイが大きいので「普通の人の何倍もの布がいりそうだな」と思う。たとえばシャーガーとレパートリーが被るから同じ役を歌うことは多そうだけど、全然材料費が違いそうだ。

しかし、いつものトリスタンやジークフリートと違う、イタリアオペラなので、髭をたくわえてオテロの衣装を着て歌っているグールドは何だか巨大化したドミンゴみたいだった。いや、声質は全く違うんだけども。

それにしてもまあ、基本は人種差別が主題の物語なのに、あまりに色々な民族が入り乱れていてぱっと見頭が混乱しそう。ムーア人であるはずのオテロがアメリカ人、デスデモナがブルガリア人・・・とまあここまではいいとしてエミーリア役の人は黒人、カッシオがアジア人。他に作業をしながら耳だけで聴いていると全く違和感はないんだけど。

とくに混乱をきたすのがカッシオ役のJinxu Xiahou(読めない)。外見はいかにも気のいい中国人と言った感じで、横浜中華街でにこにこして北京ダックとか作ってたら似合いそうな感じ(←激しい人種差別ごめんなさい)なのに、声だけ聴くと「西洋のイケメンテノール」にしか聴こえない。すっげー美声。この違和感をなんと伝えよう。ウィーンでは普通にロドルフォとか歌ってるみたいで大活躍のようだ。名前なんて読むかだれか教えて。


いやまあ、端役に至るまでみなさん素晴らしい歌唱であったので堪能した。グールドはもちろん凄い嫉妬心をあらわにしたさすがドラマティコねみたいな歌唱だったんだけど、デスデモナのストヤノヴァがほんっとにね、ほんっとに素晴らしい。泣けるわあ。ザルツブルグでダナエ歌ってた人だね。

普通にスペクタクルな演出も素晴らしい。幕が普通のと違うオテロ用のキンキラキンの幕で、前奏が始まったとたんに幕が落ちる演出がかっこいいし、そのあとの嵐の演出もロシアアバンギャルドの映画みたいでかっこよかったし、指揮者の(白髪イケオジの)ダーリントンが嬉しそうに出てきて老眼鏡かけて颯爽と指揮棒を振るタイミングが何よりかっこよかった。盛り上げ上手な指揮者だ。少年少女合唱団も美しく可愛かった。

-----

足の指を骨折して3週間くらい。今や全然痛くないし普通に歩いているので「実は医者の見間違いで骨なんか折れてなかったんじゃないか。」と思いつつ昨日病院に行った。「診察とは名ばかりで本当は毎週ちゃんと更新されている週刊文春を読みに行っているだけ」みたいなスタンスだったのに、レントゲン撮ったらぜんぜん治ってなかった。前よりヒビがはっきりしているみたいだった。会社はしょうがないから通ってるけど、休みの日は近所に買い物くらいしか出かけられない。いつものように日本橋に映画観に行ったり、演奏会に行ったりしたいものだがなんか怖くてねえ。

家でヒマでしょうがないので熱帯魚を飼ったりするソシャゲにハマったり(課金はしない)、「女子高生の無駄遣い」のドラマとアニメを見比べたり、なんかもう本当に時間の無駄遣いだなあと。早く治ってほしい。

| | コメント (2)

2020年2月 2日 (日曜日)

ベートーヴェン/フィデリオ・原典版(レオノーレ) ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング

Fiderio_wien1

Ludwig van Beethoven Fidelio Urfassung (Leonore)
Conductor Tomáš Netopil
Director Amélie Niermeyer
Textfassung Moritz Rinke
Set design Alexander Müller-Elmau
Costumes Annelies Vanlaere
Lighting Gerrit Jurda
Choreography Thomas Wilhelm
Dramaturg Yvonne Gebauer
Assistant Director
Veronika Sedelmaier
Assistant set designer
Anna Schöttl Assistant costume designer
Stephanie Thun-Hohenstein
 
Leonore Jennifer Davis
Leonore - die Schauspielerin Katrin Röver
Florestan Benjamin Bruns Rocco
Falk Struckmann Pizarro
Thomas Johannes Mayer
Don Fernando Samuel Hasselhorn
Marzelline Chen Reiss
Jaquino Jörg Schneider

そもそもよくわからない(私にとって)オペラなのだけど、昨年1回(ヤルヴィ)おととし2回(チョン飯守)も聴きに行ったんだからもうそろそろ理解してもいいんじゃないかなと思う。しかしまあ、今回の公演はベートーヴェンが最初にこしらえた版のようである。ウィーンのアンデアウィーン劇場で初演。最初の題名はレオノーレとしていたみたい。

というわけで、第1稿なので序曲から「こんなんだったっけ」みたいな感じである。まあ、私はこのオペラの全部の音楽を覚えているわけではないので、細かい違いはよくわからないのだが、アリアとかも微妙に違うような気がする。

なのに。

ただでさえ音楽的に迷子なのに、演出はもっと迷子なのである。まず最初に序曲のときにフロレスタンとレオノーレがホテルの一室?でイチャコラしている。しかし夫が連れて行かれ、部屋に閉じ込められたレオノーレ。舞台が暗転するとなんと、レオノーレが二人になっている(歌手と女優)。どうゆうこと?と二人のレオノーレは困惑。しかし、夫を助けに行かなきゃ、というわけで二人で夫の拘留されている刑務所で働き始める。

色々よくわからなかったので(だいたいセリフがドイツ語でわからん。たぶんセリフがわかれば演出の意図もわかると思うんだけど。今回色々いじってみたけど対訳がでてこなかった)、ウィーン国立歌劇場のサイトのドイツ語解説を翻訳してみたら(エキサイト翻訳でな)、どうやらレオノーレはこの非常事態に自分自身が分裂してしまい(他の人からは一人にしか見えないけれど)、常に自問自答しているような感じで物語が進んでいく(ようである。たぶん)。

途中でマルツェリーネがウェディングドレスを着てレオノーレに結婚を迫るシーンがあり、なんかレオノーレも途中で受け入れているような感じでいたので(下着姿になったりして女だってばれてるし、レオノーレもウェディングベールかぶったりするし)、「あーこれは実はレオノーレとマルツェリーネは女同士で結ばれて、もう一人の女優さんのほうのレオノーレはフロレスタンと結ばれて、大ハッピーエンドになるのか!」と思っていたんだけど・・・どっちでもなく・・・。最後は刑務所の囚人とご家族はキンキラキンに着飾って登場して歓喜の合唱で終わる・・・そしてレオノーレはフロレスタンをかばってピツァロに刺された傷で死んでしまうのだ(歌手も女優も)、嗚呼。

演出は気分的にあまり後味のよいものではなく、演奏もさほど盛り上がらず。カーテンコールもそこそこに、演出家が出てきたら当然の大ブーイング。これだったら新国立で観たカタリナの演出のほうがよっぱどよかった(私は面白かった)。歌手は・・・みんなよかった。とくに男声はよかったと思うが・・・とにかく演出がハテナで。

----

新型肺炎を恐れて、世の中はマスク不足となっているが、私は先週65枚入りのものを入手していたので当分はなんとかなるかな。しかしそもそもこのマスクも中国からきたものだと思うと、安心していいものだろうか。しかも中国の工場の写真を見ると素手で触ってるし、箱にぼんぼんぶん投げているのを見るとどう考えても衛生的でないような。「自分でガーゼ買ってきて作ろうかな」とか思ったんだけどガーゼが薬局で見当たらなかった。あ、コルゲンうがい薬もキレイキレイ消毒液も買ってあるので万全。 

| | コメント (0)

«映画「チャイルド・プレイ」(2019年リメイク版)