2018年10月13日 (土曜日)

土曜日出勤・はたらく

会社の命を受けて(まあ、用事があれば断れるのだが)、土曜日に倉庫作業。一日中立ち仕事。仕事的には値札付けなのでさほど難しい仕事でもなく重労働でもないのだが、普段事務なのでほとんど座っている。だもんでとても・・・とても疲れた。
.
だから、夕飯は別に何食べてもいいやって思って大北海道物産展へ。海鮮弁当に並んでまで買った。あの・・・倉庫作業はお昼の仕出し弁当出るんだけど・・・いつもながらとても不味いですね。300円くらいなんでしょうか。不味いですがタダなので・・・そして食べないと働けないのでいつも仕方なく食べます。誰よりも早く完食。
.
タカシマヤの大北海道展の海鮮弁当は1593円。北海道物産展では有名らしい「雑魚亭」というお店のもの。
.
Hokkaidou1

.
蟹・雲丹・イクラ三色弁当。雑魚ではない。やっぱり美味しい。ケーブルテレビで放送の「ギャラクシー街道」を鑑賞しながら食した。初めて見たけど、本当に面白くない。そもそも三谷監督の映画があまり面白く感じない人間なので、二重の苦しみ。まあ、どんなに面白くないか見てみたかったので丁度良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火曜日)

ポーランド音楽史の本を見つけた。

会社で人事労務関係のセミナーに行くように言われ、神保町へ。早めに終わったので久しぶりに古本屋巡り。
.
探してる本は・・・出来ればポーランドの作曲家(ショパン以外)について書かれた本を。ポーランド音楽史の本だったらなおさら良い。しかしそんなに神保町詳しくないので、そんなにうまく出会えるとは思ってなかった。5店ほど巡った。
.

見つけちゃったもんね~~~~~
.
Polskieji1

.
定価2950円が1800円。まあ、中古なんで若干ぽつぽつシミが上部にあるものの、他はかなり保存よし。カバーもオビまで付いてる。amazonでも中古で売ってるけど、こんなに安くない。
.

いや、amazonで買うのも手っ取り早くていいんだけど、こうやって本屋で自分で見つけると運命を感じるよね。(感じねえか)
.
----
.
セミナーの前に会社の子たちとランチ。「マカン」にて。夜はジンギスカン屋だけど、ランチはシンガポール料理(何故?)。鶏のラーメンとチャーシューご飯とサラダで950円。さっぱりして美味しかった。が、お腹いっぱいになりすぎてセミナーはみんなうとうと。
,
Polskieji2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月曜日)

メシアン「アッシジの聖フランチェスコ」カンブルラン/読響(CD)

.
昨年聴きに行ったメシアンの「アッシジ」のCDが発売されたというのでぽちった。すでに実演の感想で述べた通り、行ける予定はなかったのに、当日券30枚に並んでいた私の前に天使が舞い降りてきてS席(多分関係者席)の券をタダで下さりお金を払ってないので、迷いもなく購入。今日届いたので聴いている。
.
実演の時はとくに思わなかったのだが、改めてCDで聴くとはじめの方はやはり日本のオケの音がする。小澤さんの初演盤(おふらんすのオケである)を聴きなれていたせいなのだろうか。ちっとも悪い意味ではなく、お米、お醤油、お味噌汁、なんか聴いていて落ち着く感。キリスト教関係の音楽なのに何かお経とかお能に近いものも感じる。

演奏(というより曲)についての感想は過去記事にもあまり書いてない(もう、現場に居られただけで有難い感があったもんで)んだけど、CDでの感想はとにかく長い長い。はじめのほうはまだしもCD3枚目くらいからは、「終わるよ~終わるよ~」と思わせておいて、「やっぱり終わらないよ~」と続く。いや、退屈というのではないのだけどね。なんだろう、お寺で延々とお経を聞かされても、「なんかずっと同じ繰り返しだけど、なんか落ち着くな」と思うのに似ている。
.
しかしまあ、さすがにフランチェスコの死にさしかかり合唱が「フランソワ~」と歌うあたりから実演の感銘を思い出しグッとくる。合唱がほんとうにうまい。ところでこのCDは外国でも発売されるのかしら。ようろっぱの人にも是非聴かせたい。日本の合唱団とオケはこんなにすごいんだぞって。
.

CD化されたのは素晴らしいし有難いとは思うものの、映像でも見たいなあというのも正直なところ(夜中の読響のテレビ番組で一部は見聞きしたが)。美しい天使役の人も観たいし、ワーグナーのオペラに出てくる性格テノールっぽい皮膚病の人もまた観たいし、何より最後のほうの打楽器の人々の熱演とか(ほんっとに凄かった)、オンドマルトノの演奏とかも(1階席からはよく見えなかったので)見たいなあと思った。
.
(HMVで買う人はこちら)

『アッシジの聖フランチェスコ』全曲 シルヴァン・カンブルラン&読売日本交響楽団、ヴァンサン・ル・テクシエ、他(2017 ステレオ)(4CD) icon

----

余談だが、ノットのゲロンティアスもCD化してほしいね。東響だけど。

|

2018年10月 7日 (日曜日)

食パンを求めて

先日、群馬交響楽団を聴きに群馬に行ったのだが、いまだに頭の隅にひっかかってることがある。
.
パンが美味しかった。高崎のあの店のパンが食べたい。食べたいよう。
私は普段、業務スーパーの食パン(一斤78円くらい)を食べているので、さほど味にはこだわってなかった。
.
それが。
.
コンサートの前にちょっとお腹に入れておこうと思い、「どこでもいいや」って思って高崎駅の中にあるパン屋さんに入って卵サンドと、チーズクリームのデニッシュを購入。値段はサンドイッチが300円弱くらい(デニッシュは忘れた。130円くらい?)。何しろ、東京のパン屋さんの価格よりもとても安かったのではっきり言って味は普通なのかと思ってた。ホテルに戻って食べた。
.
なにこれ、うまっ。声に出したくらい美味しい。とくにサンドイッチのパン。しっとりときめが細かくすごくふかふかしてて美味しい。中身も普通の卵サラダだったけどたくさん入っててレタスもシャキシャキで美味しかった。侮ってたので写真はなし。
.
こんなに美味しいならもっと買えばよかった。翌日、帰りに普通の食パンとくるみ入りの食パンを半斤づつ買ったけど、美味しくてすぐ食べてしまった。
.
普段業務スーパーのを食べているから、とは思うけれど、近隣の(適正な価格の)パン屋さんのパンよりも絶対美味しいと思う。最近、行列ができるような食パン屋さんが近所にできたのだけど、あまりに高いのと一斤が大きいのと行列に並ぶ気がしないので買ったことないんだけど、よっぽど美味しいのかな。
.
高崎のパン屋さんはネットで探したらチェーン店(パーネデリシアという)らしく。群馬と埼玉の上の方に支店があるようだ。それにしてもどこも遠いなあ。
.
(ついでに言うと、高崎で一泊したビジネスホテルは朝食が食べ放題で、パンはホテルで毎朝焼いてるという触れ込みだったのでそれも美味しかった。タネは冷凍食品のなのかもしれないけどね。コーヒー・ドリンク飲み放題、マンガ読み放題なのでまた行きたい。まあ・・・駅前なのでヤマダ電機ビューだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土曜日)

世界遺産 富岡製糸場に行ってきた (若干 虫注意)



BGMは「演奏会用アレグロ」で。

.
高崎でエルガーの「神の国」を聴いた翌日は、「絹の国」へ。群馬在住の友人と世界遺産富岡製糸場に行ってきた。(友人も初めての訪問。近隣に住んでると結構名所には行かないものだ。私もいまだにスカイツリー登ったことないし)
.
富岡製糸場は、高崎駅から上信電鉄に乗って30分、駅から15分くらい歩く。
.
高崎駅では富岡製糸場入場券付き往復切符というのがあるので(ちょっとお得)、それを買う。しかし、券売機で買ったのでめっちゃつまんないデザイン。高崎に戻ってきたら記念にくれる。改札の「パチン」が今時珍しい。
Kingdom3
上信電鉄という電車は初めて乗った。全部の駅ではないが無人駅もあるので電車の中に改札があり(!)、運転手さんが改札を車内で行う。不思議なのは、改札の横にある本来なら座席があるはずのところに謎の傾斜がある。お客さんはそこで座るでもなく、ただよっかかっている。椅子席を作ればいいのにって思う(ここ以外は普通に長椅子席)。
.
Kingdom21
車窓からは見渡すかぎりの畑・田んぼ。テレビで観るローカル線の風景そのものである。大体は無人駅かイナカの待合室付きのちっちゃい駅だが、富岡製糸場のある駅だけは妙に新しく、奇麗(でかくはない)。お富ちゃんがお出迎え(富岡製糸場のゆるキャラらしい)。
.
Kingdom23
目的地までの街並みは妙にレトロ。昔は流行ってたのかな。今は若干さびれている感じである。
Kingdom25_3,
さて。目的地についた。アサイチで行ったのでそんなに混んでない(昼前くらいには混み始める)。
.
Kingdom26
まあ、あまり熱心に観たわけでもないのでそんなに写真がない(えええ~?)。 歴史や世界遺産に選ばれた経緯についてはもっと詳しいサイトがあるのでそっちを見て。
.
蚕の繭をお湯で煮て、その繭から糸をぐるぐる糸車に巻いていくシステム。そういう実演の人もいた。蚕の展示もあったのでそれも見た(虫注意)
.
Kingdom12
ワラワラワラ・・・という蚕が餌を食べる音がする。ところで友人も私も蚕に「様」をつけて(かなり普通に)呼ぶのでお互い不思議に思った。私の母の実家の近隣に養蚕業を営むところがあり、幼少の頃大きなビニールハウスに蚕を飼っているところに行ったものである。友人の家の近所にも養蚕しているところがあるそう。長い付き合いだが初めて気づいた不思議な共通点。ただ、微妙に違うのは私は「かいこさま」と呼び、友人は「おかいこさま」と呼ぶ。


Kingdom8_2

工場の内部。普通はガイドツアーに参加したりするのだが、あまり深い興味がないので参加せず。200円ほど払うと世界遺産を保存するための工事中のところを見学できる。ヘルメットが被ってみたかったので、JAFの割引もあり100円で入場。場内は撮影不可なので入口で撮影。

Kingdom30_3_li

お土産屋さんで会社のお土産を買おうと思ったら、ウチの事務所に配るくらいのちょうどいいお菓子がなかったので、世界遺産で買うのは断念。しょうがないので高崎駅で下仁田ネギせんべい的な普通のものを買った(美味しかった)。富岡製糸場さんがもうすこし小さくて小分けしてあるクッキーとかのお土産をつくったほうがいいと思う。

なんかつまんなそうな感じに書いたが、ココログの調子が悪いせいなので気にしないで。製糸場に行ったのは(電車や行く道々も含め)とっても楽しかった。友人も楽しそうだったし良かった。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水曜日)

コーヒーが冷めないうちにプーと大人になった僕

土屋太鳳ちゃんの「累」がもう一回観たかったのだけど、ちょうどいい時間がなくなってきたので半休取って鑑賞。始まるまでに時間が結構あったので、「コー冷め」(そういう略し方なのかは知らないけど)を観て、どうせなら「プー僕」(そういう略以下略)も観ちゃおうと、半日で3本もロードショー観た。まあ、女デーなので安いからね。
.
コーヒーが冷めないうちに
林遣都君が出てなければ絶対観てない(意外と出番は少ない)。4回泣けるというキャッチフレーズだが、泣けそうなところを数えてみたが3回くらいかな。まあ、とにかく全力で泣かしにかかっているとしか思えない。あくまで有村架純ちゃんと石田ゆり子さんの可愛さを堪能する映画。あと・・・出演者が最後にカメラ目線で語るところがイヤ。あれがなかったらまだよかったのに。
.

二回目。女子高生たちに囲まれながら鑑賞。改めて見ると土屋太鳳ちゃんと芳根京子ちゃんの入れ替わりは(傷ができること以外はCGとかあんまり使ってなさそうなのに)見事である。何気に昔の大映ドラマっぽいところもいいし、「かもめ」オーディションの場面は少女マンガみたいでいいし、あんなに本格的なサロメの舞台が映画で見られるだけでも大変ありがたい。(ファンの願い)土屋太鳳ちゃんにはつらつ女子学生役をやらせるのはそろそろやめてあげて。下町ロケットがあるかぁぁ・・・。
.
プーと大人になった僕
「大人になってもプーな僕」ではない。正直、あんまりプーさんに慣れ親しんだ幼少ではないので、「なんか働きすぎてぬいぐるみが動いたりしゃべったりするように見える疲れたおっさんの話」として見ようと思えば見える。経済を回すには休暇を取りお金を使うこと、という当たり前のことを描いたゲゼルシャフトとゲマインシャフトな映画(←違う)。

.
---
.
なんか作風がバラバラだが、3本とも「ありえないことを描いたファンタジー」であることで共通している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月曜日)

エルガー「神の国」 大友直人/群馬交響楽団

Kingdom15_3エルガー:オラトリオ「神の国」作品51
嘉目 真木子(ソプラノ)
坂本 朱(メゾ・ソプラノ)
清水 徹太郎(テノール)
原田 圭(バリトン)
大友直人指揮 群馬交響楽団・合唱団

(9月23日 群馬音楽センター)
.
過去記事:群響/戦争レクイエム

.
はるばる高崎まで行ってきた。高崎、新幹線で行けば結構すぐなんだが、お金節約のために湘南新宿ラインで。こないだのノットの「ゲロンティアス」に感動したので調子に乗って「神の国」まで券をゲット。ホテルまでブッキング。ネット予約のため、本当に予約取れてるのか当日まで不安だったがちゃんと取れていた。
.

「神の国」・「ゲロンティアス」ともども日本ではあまり演奏されない。同じ英国作曲家の声楽曲、ブリテンの「戦争レクイエム」とはえらい違いである。「神の国」も「ゲロンティアス」も確かわたしは今回含めて2回しかナマで聴いてないと思う。どちらも今後私が生きている間にまた聴けるのだろうか。一般的にはどっちもなんかとっつきにくいといえばとっつきにくい。(仏教徒の多い)日本人にはなじみの少ないキリスト教がテーマ(ざっくりと言って)なせいなのかとは思うけど、そんなこと言ったらマタイ受難曲だってヨハネ受難曲だってキリストさんの音楽だよねえ。
.

.

こないだのノットの「ゲロンティアス」、聴きに行かれた方はエルガーの音楽にみな感銘を受けられたと思う。まー、こんないい曲知らなかったわ!って思われたと思う。そしてきっとこれからもっと演奏してほしいなって思った人も多かったと思う(希望的観測)。ええ、演奏されるといいな。
.

さてこの「神の国」であるが、何を隠そう実は私が英国音楽を好きになったきっかけとなった曲である。この曲がなければ、もしかしたらこのBlogもなかったかもしれない。そのことについては改めて記事にしようと思っているのでここには書かないけど(引っ張るなあ)、とにかく私には記念碑的な曲である。たとえグンマーであろうと行かなければならない。
.

群馬交響楽団・合唱団については、前に「戦争レクイエム」をすみだトリフォニーで聴かせて頂いた。たまたま同じ月にお同じすみとりで新日本フィルが「戦争レクイエム」を演奏した。申し訳ないが新日本フィルの合唱団(栗友会)のほうが実力は上である。でも、感銘を受けたことについては実はあまり変わらなかった。演奏の内に向かう美しさについては新日本フィルが上だが、圧倒されたのは群響の演奏のほうだった。
.

群馬交響楽団の合唱団さんは、一つの曲に取り組む時間が(プロの合唱団より)長いから・・・ということを聞いた(合唱経験者に)。そのぶん曲に対する思い入れが強いんだと思う。音楽に対する愛情をものすごく感じる。いや、プロやプロ級の合唱団だって愛情は強いに決まってるんだけど、うーん、どう言ったらいいんだろう。
.

たまたま、今回も我々聴衆は7月の(絶品の)ゲロンティアスを心に残したまま、「神の国」の演奏を聴いた。いや、あの世紀の名演と比べるなんて失礼だし、そもそも曲も違うし。でも感銘を受けたことについてはどちらも変わらない。そして10年も前に聴いた戦争レクイエムの演奏を思い出していた。そう・・・こんな感じだったよね。もう・・・愛しか感じないの。「ああ、わかった。本当に歌うの好きなんだなあ」と。
.
でもまあ・・・演奏とは関係ないところで、色々と残念なこともあった。そもそも、群馬音楽センターというホールは(有名な建築家の設計によるもので、なるほどカッコイイけど)音響が至極残念である。残響があんまりなく、カラッカラな音がする。川崎とかすみだとか、まともな残響のあるホールで演奏して欲しかった。もうすぐ群響の演奏会場はもっといいところに変わるということを聞いたのでそれは・・・よかったねと思うが、今回はせっかくのいい演奏がホントにもったいない。あと、私は気が付かなかったが、場内の蛍光灯?が切れてチカチカしていたところがあったそうな。
.

(それと、まあ演奏とは関係ないけど、解説書のエルガーの没年が間違っている。そこは・・・校正の時に気が付いて下さい。まー、私が気が付いたわけじゃないけど。)
.

文句ばっかり言ってもしかたないので、歌手の方々について。大変素晴らしかった。とくにソプラノのあとのほうで歌うスケールの大きなアリアは素晴らしかった。それと「びわ湖4大テノール」の一人の清水さんの美声については言わずもがな。聞きほれた。
.

こんな珍しい曲なのに私のいた1階席は満員のようだった(2階は知らないけど)。さすがに音楽の盛んな県の住民だから?なのかもしかしてはるばる東京から聴きに行った人が多かったからなのか、聴衆のマナーもよく、フライング拍手もなく本当によかった。演奏会が終わってからの指揮者のトークもあり、かなりの人がロビーに残っており、なんて熱心なのだろうと感心した・・・っつーか私も最後までいたし、合唱団の反省会?まで聞いてた。
.

知人が何人も聴きに来てたので、高崎で飲んだ。話が弾み過ぎて12時まで飲んでた。泊りがけの演奏会行脚は楽しい。そんで、「戦争レクイエム」の時に私がコメントした「東京にいるのでなかなか群馬までは・・・と思うのですが何か機会があったら群響&合唱団の方のコンサートを聴いてみたいと思いました。」が実行できてよかった。
.
Kingdom14

可愛い。公衆電話界で一番可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フィルハーモニア・エテルナ 第24回定期演奏会