2017年2月26日 (日曜日)

新日本フィル オール・ポーランドプロ

1488070262545_2_2モニューシュコ:歌劇『パリア』序曲
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
シマノフスキ:交響曲第2番 変ロ長調 op.19
クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアノ)
アントニ・ヴィット指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団

(すみだトリフォニーホール 2月24・25日)
.
前売り買ってなかったのに、金曜日・土曜日と結局両方出かけてしまった。そのくらいよかった。
.
日本のプロオケの定期で、全曲ポーランドの作曲家の曲というのはあんまりないんじゃないか。全部ショパンとかならもしかしてあるかもだけど。モニューシュコとショパンとシマノフスキ。同郷の作曲家という以外は実は聞き手によってはみんな存在的にバラバラである。今回のプログラム(と演奏者)で、いろんなタイプの音楽好きがどんな反応なのか、勝手に想像してみた。
.
(一般的な音楽好き)
・モニューシュコ→誰?全然知らない。まあ短そうだしいいかな。
・ショパン→ショパンのピアノ協奏曲大好き!(でもこのピアニスト誰?ヤブロンスキとは別人?どんな人?)
・シマノフスキ→名前しかしらない・・・なんか難しそう。面白くなかったらどうしよう。ぶるぶる。
.
(クラヲタ)
・モニューシュコ→初めて聴くなあ。でも面白いかも、楽しみ。
・ショパン→何で今更ショパンなんか・・・でもマニアックな曲ばっかりだとお客入らないから仕方ないな、もしかしてナマで聴くの初めてかも。
・シマノフスキ→2番!!めったにやらないし絶対聴く!!しかもヴィット!!楽しみすぎる!!
.
それに対してわたし。
・モニューシュコ→わー、モニューシュコ!!嬉しい!!でもパリアってどんなんだっけ。ウチにあるCDは「ハルカ」と「幽霊屋敷」(共にオペラハイライト盤)だけだし。まあ、あんな感じなんだろうな。
・ショパン→ヤブウォンスキ先生だ!!ショパンコンクールの審査員!!ウチにあるザレンプスキの五重奏曲のCDのピアノの人だよね。嬉しい!!きっといいに決まってる!!
・シマノフスキ→シマノフスキの交響曲がナマで聴けるなんて!!もう大変!!しかもヴィットの指揮!!もうわくわくが止まらない!!でもホントは3番やってほしい。
.
ヴィットの指揮は私は初めてではない。以前ショパンコンクールにめっちゃハマって、日本での入賞者ガラ・コンサートまで行ってしまったときの指揮者がヴィットだったのだ。その時はワルシャワ・フィルまでやってきた豪華版で、ネットの実況中継で見てた面々がそのまま舞台に乗ってたので大層感動したものだ。まあ、ショパンばっかりじゃなくてシマノフスキとかやってほしいなどと思ったのも事実だけど。
..
その時の記録だと、2回もピアノ協奏曲1番を聴いたようである。ゲニューシャスとヴンダーというフレッシュな面々。そういえば、私はこの曲は若手の演奏ばっかり聴いている気がする。
.
ということで、演奏会。金曜日はS席で一階前から14番目。超セレブリティな席。両隣は空席だったんだけど。土曜日は3階席。
.
ヴィット先生、舞台に登場。ぱーっと出てきたと思ったら指揮棒振りながら指揮台に乗った。まるで熱狂的な聴衆に応えてアンコールで「星条旗よ永遠なれ」を指揮するバーンスタインのようだ(←想像)。いやまだ演奏会始まったばっかだし。2日間ともそうやって出てきた。
.
「パリア」(パエリアではない)は、解説書によるとインドのカースト制度を主題にしたラブストーリーのようだが、別に曲にインド臭はしない(気がする)。まあ、一般的なポーランド(民族的)音楽である。チェコで言うスメタナのような感じか。激しいところはことさら激しく、なのに静かな部分はびっくりするほどつまんなく演奏(笑)。2回聴いて2回ともそうだったので、そういう曲なんだろう。別にけなしてるわけではない。対比がとても面白い。ポーランドの指揮者じゃないとわかんないのだろうな。
.
1曲目終わって、舞台上前の方を片付けて、スタインウェイをセッティング。ヤブウォンスキ先生登場。ガタイがよい。だけど演奏は繊細。ピアノの音の印象としては重厚さがなくてとても軽い響きな気がした(誉め言葉です)。演奏はことさらテンポを動かしたりせず、ショパンの心をそのまま音にしている印象。キレイな湖の水面にきらきらと月光がふりそそぐような、心が洗われるような美しさ。ヴィットの指揮もさすがに「世界一この曲指揮してる指揮者(ショパンコンクール等で)」という自信に満ちたもので、いつもながら立派。
.
熱狂的な拍手に応えてアンコールは2日ともショパン2曲づつ。
1日目はノクターン第20番と革命エチュード。2日目はワルツ2番とノクターン第20番。どれもこれも宝箱を開けたようなきらきらとした演奏。ノクターンの静謐な響きはショパンの「言いたいけど言えない、もどかしい」感じがしてとても心に触れた。また、小学生のときにマウツジンスキの盤で毎日よく聴いたワルツも懐かしく(そういえば彼もヤブウォンスキ同様にショパンコンクール3位だった人である)。華やかな演奏に心が躍った。ロビー売店のヤブウォンスキのCD、1日めは売り切れたらしい・・・という情報も。
.
ああ、いいコンサートだったねえと帰っちゃう気分になるほど前半素晴らしい演奏だったのだけど、メインのシマノフスキが残ってる。
.
シマノフスキの交響曲は3番が大好きで、ほとんどピアノ協奏曲の第4番もたまに聞くけど2番はそん・・・なでもなかったので、演奏会に備えて(残業帰宅後)毎日のようにお風呂で聴いていた。なんかまあ、混沌とした曲だこと。
.
もちろんヴィットはこの曲に精通してるだろうし(暗譜かな)、なにも疑問はなかったのだけど、ホントにびっくりしたのはこの曲演奏するの初めてかと思う新日本フィルがものすごくうまかったことである。ホントに日本のオケなの?って思うくらい。(実は友人情報だと「相当ヴィットは怖い人らしくて、しごかれたみたいよ」と。飯守さんみたいな人なのかな)
.
とりとめのない、しかし官能的な響き。Rシュトラウスの交響詩をお鍋でぐつぐつ煮込んで、繊維がなくなっちゃったのを食べているような音楽。おいしいね。スクリャービンに比肩するほどの変態さ(誉め言葉です)。私は前記したように1日目は1階席だったのであまりの迫力に圧倒されて前で手を組んで祈るような姿勢で鑑賞。2日目は3階でちょうどいい音量であった。ただ、1日目のほうが指揮者に何か憑依したような感じですごかったな(ヴィットさんは曲が終わったとたんに我に返った感じで、曲の終わりが聴衆がよくわかんなくて拍手がぐだぐだになった)。2日目は楽員も慣れたのか整ってた。
.
ヴィットさんは定期的に新日本を振ってポーランドものをやってほしい。ご本人も自国の曲を披露できるのは嬉しいだろう。(想像してみなさい、日本の指揮者が海外のオケを振って武満・芥川・伊福部などのオール日本プログラムを海外のホールでできたら、どんなに嬉しいか・・・違うか)
.
---
.
おうちに帰って、まずヤブウォンスキのショパンコンクールの時の音源を聴き(そういうCD集を持っているので)、シマノフスキの2番を聴き(うちのはカスプシクとポーランド放送響盤。やっぱり自国もので滅法うまい)、ふとネットを見ると訃報が(遅いわ)。スクロヴァチェフスキはついに1回も実演に接することができなかった。わたしブルックナー得意じゃなくて。
.
スクロヴァチェフスキはヴィットの師匠だったこともあったみたいだから、ヴィット悲しかっただろうな。同郷だし。だからあんなに熱のこもった演奏だったのかな。
.
---
.
ヤブウォンスキ先生出場のショパコン。この年はブーニンが優勝。最近ブーニン見かけないなあ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルゾンアルマ

Almamahler10_3_li
セレブな暮らし、可愛い娘たち、アルマです。
.
♪(BGM)
,
美人のみんな~
,
ウィーン一の美女なら、積極的にアタックすれば宮廷歌劇場の芸術監督の妻になれると思ってない?
.
ダメダメウーマン!
.
本当のウィーン一の美女はアタックなんかしません。ガツガツしてたらウィーン一のセレブにはなれないよ~
.
アタックしない。待つの。
.
自然と男は寄ってくるから。私はウィーン一の美女だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日曜日)

2017四大陸選手権 男子フリーをじわじわ見る。

昼間、ジュニアのグランプリシリーズをネット放送で観てたのだけど、日本の男子の衣装ってみんな昔の城みちるみたいだよねえ。あんなカッコ、現在の歌謡界のアイドルでもしてない。フィギュアってホントに独特の世界。いいねえ。
.
・田中刑事 フェリーニメドレー
真面目な人が陽気なイタリア男を演じるのがポイント。
.
・ジェイソン・ブラウン 映画「ピアノ・レッスン」より
頭がおだんご。前シーズンに腰を痛めてリハビリ中にこの曲に出会ったそうな。曲は素敵だが、あの映画は結構エグイぞ。
.
・ミーシャ・ジー くるみ割り人形
ミーシャもあまり足の調子はよくないようで。将来は振付師になるのかな。とても個性的で芸術的なプログラム。
.
・ボーヤン・ジン(金 博洋) 映画「道」より
おおお、高橋大ちゃんの名曲。しかし、演技的には大ちゃんの域には達してない。ああ、ころんだ。
.
・パトリック・チャン A Journey
とっても美しい曲だし、美しいプログラム。えーと、この曲の作曲のエリック・ラドフォードってフィギュアの選手みたいよ。コンポーザー・スケーターってこと?すごいね。
.
・ハン・ヤン ロミオとジュリエットより
ロメジュリはいろいろあるけどこれはディカプリオの映画のやつね。以前は中国のオニイチャンってって感じだったけど、かなり洗練されてきた印象。
.
・宇野昌磨 ブエノスアイレス午前零時 ロコへのバラード
まだ19歳なのに、ピアソラがよく似合う。表現者として素敵。4回転決めて笑顔。
.
・羽生結弦 Hope & Legacy View of Silence Asian Dream Song
ジャパニーズ・ビューティ。魅せるねえ。すごいプレゼントの数。
.
・ネイサン・チェン だったん人の踊り 歌劇『イーゴリ公』より
技術も優れているが、芸術的でクラシカルなところが素晴らしい。異次元。脅かすわあ。
.
.
.
ところで私の好きなケビン・レイノルズがさっぱり映らないんだけど、調子悪いのかな。
.
---
.
話題変わって。
某女優さんが出家したことで話題ですが、先日「バイプレイヤーズ」ってドラマで彼女が出ていたのを見たんだ。で、アクション女優としてキレキレの演技をしていたし、すごくにこやかにしていていいなあ、カワイイなあと思ったんだけど、少し気になったのがすごく明るくしていたのだけど無理して笑ってる感じがあった。「この子、なんか宗教とか入ってるっぽい目をしてる」ってその時思ったんだけど「気のせいだよ、気のせい」って思った。結構当たってたなあ。まあ、後出しじゃんけんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土曜日)

2017四大陸選手権 男子ショートをじわじわ見る。

残業60時間超でドクターストップがかかったので(ただしドクターは自分)土曜出勤なし。ビデオで鑑賞。ユーリ一挙放送を年末見てたせいか、実写でさえアニメに見える。病気か。
.
・ハン・ヤン I'll Take Care Of You
エンカンとの区別がつかん・・・って同じか。ピアスがおされ。
.
・田中刑事 ブエノスアイレスの春
ピアソラってフィギュアスケートに合うよねえ。正義感の強い子に育ってほしいとの思いから「刑事」と名付けられる(Wikipedia)。←犯罪できねえ(しないだろうけど)。
,.
・ナム・グエン   Love me or leave me
ベトナム料理みたいな名前。五輪の時しか見かけないラキムガリエフが今回出ないようなので、私にとってこの枠の(何の枠だよ)お気に入り。
.
・マイケル・クリスチャン・マルティネス エメラルド・タイガー
ソチの時はフィリピン王子様的な感じだったのが、短髪になってすっかり男らしくなった。ピチット君のモデルは彼かな?(ショッピングセンターのスケートリンクでスケート始めた、とか)
.
・ネイサン・チェン アダン「海賊」より
すっげー。うまい。なんという身のこなし。ファンになった。新国立でバレエ見てるみたいだった。何回も見たい。さすがバレエ習ってるだけある。まだ17歳なのか。ピョンチャン五輪の金メダルは彼か。100点越えすげえ。脅かすわあ。インタビューがイケボ。
.
・グラント・ホクスタイン ふたつの夕暮れ
苦手なタイプの選手。振りなどうまいっちゃうまいのだが、面白くない。点はよかった。
.
・ジェイソン・ブラウン 007スペクターより
いつもニコニコ笑顔が素敵。性格よさそう。長いカフェエプロンが似合いそう。コーヒーとかいれてもらいたい。
.
・羽生結弦 Let's Go Crazy
衣装がルマンド。
.
・宇野昌磨 ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より
衣装がルマンド。
.
・パトリック・チャン ディア・プルーデンス ブラックバード
衣装がユニクロ(違)。ビートルズ好きなので選曲がうれしい。しかししっかり転んだ。
.
・ミーシャ・ジー 愛の夢
衣装がルマンド。自分で振付はすごい(いつもだけど)。しかし、前はもっと色物扱いだったのに、意外と普通になってきてつまらない。
.
・ボーヤン・ジン(金 博洋) スパイダーマン2(マイケル・ブーブレ)
4回転ジャンパー。シャープな滑り。ローリー・ニコルの振付素敵。スパイダーマンのグッズをいっぱい貰った。
.
.

ショート結果
1.ネイサン・チェン
2.宇野昌磨
3.羽生結弦
4.ボーヤン・ジン
5. パトリック・チャン
.
---
.
パレンタインに会社のおにゃのこから貰った義理チョコ。男の人は義理チョコ貰うと「お返しめんどくせえなあ」と思うのでは、と思ってあまりこのところ積極的ではないのだが、貰うとうれしいものである。お返し何にしようかなあ。
.
1487384922053_2,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金曜日)

クラヲタフレンズ

Yjimage_liすごーい!!君はクラシックしか聴かないフレンズなんだね !! たーのしー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日曜日)

今年のバレンタイン

今年もバレンタインはスルーするつもりでいたのだが(私は当日出張のため)、新入社員のおにゃのこが「事務所の男性たちに義理チョコを是非あげたい。自分が買いに行くから」というので今年は配布を決めた。今年新しく入った派遣と契約社員のおにゃのこたちも賛同したらしく、lineのグループまで作って計画を立てたものの、やはり毎年のことながらぎりぎりになると適正価格のものは非常に入手が難しくなる。私は土曜は休日出勤だったもんで、ひっきりなしにおにゃのこたちから入るlineの報告に目を通しつつ、「こんなに苦戦を強いられているのなら、もしかして私が何とかしなきゃならんのかな」とか思ったりもした。
.
だもんで、昨日の会社の帰りにちょっと何とか助けにならないかと日本橋三越駅で降りてみた。でも、私が行った頃にはすでに日本橋三越は閉店時間になっていた。
.
しょうがないので、COREDO日本橋に行ってみた。
,
しかし、日本橋はだし汁屋とか海苔屋しかあいてなかった。チョコ屋さんないのか。手作りお菓子の材料屋はあるんだけど、作る気なし。
,
もう、バレンタインなんかどーでもよくなってしまった。若いおにゃのこたちに貰ったほうがいいのである。
.
だもんで、前にテレビで見た茅乃舎のお出汁のお店を見つけたので、買ってみた。で、日曜にさぬきうどんの出汁にしたり、大根を煮たり。使用済みの出汁パックの中身は、海苔や胡麻とともにフライパンで炒って、ふりかけにすると美味しいのである。
,
まあ、結局よかったなって思った。チョコも何とか手に入ったようで、連絡があった。めでたしめでたし。茅乃舎のだしは高いけどおいしい。バレンタイン関係なくなってるし。
.
---
.
昨日、「らららクラシック」でR・シュトラウスの「薔薇の騎士」やってたんで、「やっぱりR・シュトラウスいいなあ」とか思ったけど、やっぱり私は「ダナエの愛」とか「影のない女」なんかのほうが好きだ。「薔薇の騎士」そういえば3回しか観に行ったことない。そしてそれはすべて外人の歌手と演奏者によるものであり。日本人の演奏で観たことないのである。シュトラウスの他のオペラに比べて私はそれほど必要としてない気がする。
,
なんでかなあ、と考えた。元帥夫人に共感するとかそういうのもない(独身だから)し、別に男装の麗人にさほど興味もなく。まあ、オッター女史のオクタヴィアンは永遠のアイドルなんだけど、それだけかなあ。そう、多分オクタヴィアンはゾフィーと結婚したとしてもきっと浮気するに決まっているし、愛人とかいっぱい作りそう。そう思うとゾフィーがかわいそうになってしまうのである。なので、音楽の美しさにはしびれるものの、内容は少々苦手である。モーツァルトのオペラのように。
.
その点、「ダナエの愛」は本当に素晴らしいオペラだ。まあ、設定としては薔薇騎士の元帥夫人の男性版なのだけど、主人公カップルは(あの逆境の中では)おそらく浮気などしないだろう。「薔薇の騎士」は・・・いろいろと釈然としない。「上流階級で勝手にやってろ」感が強い。貧乏人だからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土曜日)

マリメッコ展 Bunkamuraザ・ミュージアム

1486735942609_2
先週の日曜日に鑑賞。まあ普通に混んでたが、ぎゅうぎゅうってほどでもなく。
,
布に興味がなければ、何も面白くない展覧会である。北欧のクッソたっかい布を売る会社マリメッコ社の歴史とともに代々のデザイナーの紹介(日本人も何人か)、そして布地の展示。そしてマリメッコの布でこさえた、昔の私だったら1日あれば完成しそうなむっちゃ簡単服のオンパレードである。まあ、マリメッコは模様がでっかいので、あまりチマチマとしたデザイインの服は合わない。シンプルなデザインじゃないと。
.
とはいうものの。ファブリック・フリークの私は楽しいものであった。
,
一時期異常にマリメッコに凝ってた。で、今はなくなっちゃったけど渋谷のマルナンって布屋さんではマリメッコ売ってた時期があったのである。そりゃーもう高いものだから、1メートルだか買って、クッション作ってあまり切れは敷物にしたり飾ったりしてた。そういや一人暮らしして買った布団カバーと枕カバーはずっとマリメッコのウニッコ(一番有名なケシの花模様のやつ)である(ただし日本製)。一回も買い替えてない。色褪せもせず。意外と悪くならないものだ。
.
というわけで、この展覧会はマリメッコ好き・北欧雑貨好きからすると悲鳴をあげたくなるほど楽しいものだが、まあ・・・そんだけである。お土産のグッズは、絵ハガキぐらいしか買うものはない。あとはウニッコのたっかい食器とかだし、別にマリメッコでない北欧雑貨売ってたけど買える値段ではなかった。まあ、見るのは大変楽しいものだが。友人とキャーキャー言いながら見てた。
.
会場で上映されてたマリメッコ社の工場の映像は、係のおねいさんは皆マリメッコの服がユニフォームなようで、一緒に観てた友人は「あああ、ここで働きたい~~~~」とか騒いでたけど、私はいやだな。工場って疲れるんだよね、単純作業で(←現実的)。
,
マリメッコは好きだけど、IKEAの布のほうが、めっちゃ安くていいやって思うわ、貧乏人の私としては。IKEA行ってないなあ、遠くてな。
,
1486735943691_2
.
----
.
全く関係ないのだが、明日だか「ユーリ!!!on Ice」のオールナイト上映会をするらしく、声優さんとか原作者とかも出演するそう。で、その催しの券は大人気ですぐ売り切れてしまった。で、日本各地の映画館がその催しのライブビューイングをするらしい。
.
会社の女の子(23歳)がそのライブビューイングに行くというので、なんかその会場をちょっと垣間見てみたいな、沼にはまってる女の子たちがキャーキャー言ったり泣いたりするのが見たいな。声援したり歌ったりするのかな、アニメに向かって。別に参加したくはないけど、その会場の雰囲気がどんななのかを見たいな。ライブビューイングをライブビューイングする催しはないのかな。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サンシャイン・ハイドン