2019年12月 8日 (日曜日)

YouTubeでいろいろな新世界。

夏場に川崎にてドヴォルザークの新世界をナマで聴いたら(今更)たいそういい曲だなと感じたので、YouTubeで聴いてみようと思い(CDは一枚しかもってないので)、最初に出てきたチェリのライブを聴いたらたいそう遅くて最後まで聴き通すことができず。生前チェリにはとうとう縁がなく終わってしまったが、たぶん私とは合わない指揮者だったのだろう(←テキトー)。

どうせなら全然しらない指揮者のものを聴いてみよう、と考えてニコライ・アノーソフとやらの演奏を聴いてみた。

演奏は早めで颯爽としており、イライラ感は皆無。ロシアのオケなので金管楽器にロシアンな咆哮も感じられてて変わっててよい。気に入って何回も聴いてしまった。どんな指揮者なのだろう?と興味を持ち、Wikipediaで調べたら、なんとロジェストヴェンスキーのお父さんだという。何でも、父が偉大過ぎるのでロジェヴェンが音楽活動するときに違う苗字にしたそうな。今じゃ全然息子のほうが有名だけどな。

なんか駅やデパートの露店で売ってそうな演奏(ロイヤル・フィルシリーズみたいな)。YouTubeに他に演奏ないかな?と思って探したらプロコの青春交響曲があり、なかなかいい演奏だった・・・というか曲自体がいいんだけどねそもそも。

次に。はたまた作曲家のサムネの演奏者表示なしのものを聴いてみたら、すごく音が悪く(モノラル?)もしかしてターリヒとか古いやつなのかしらと思って調べたらNatalia Ponomarchukというウクライナの指揮者でまだご存命の方らしい。もしかして女流?と思って画像を探したらこんな感じの方だった。

77760c075f71448788dd9727889c2d08

写真で見るとお奇麗な方だが50歳らしい。他に指揮している映像ないかなと思って探したけど、だいたいが協奏曲の伴奏ばっかりであんまりよく見えなかった。スタイルはよくてとってもかっこよかったけど。

(たぶん、ケルテスとかのほうがいい演奏なんだろうな、新世界は。)

---

お弁当用にたくさん作っておいた冷凍おにぎりが余ったので、スキレットで焼きおにぎりを作った。油が大分馴染んできたので(これをスキレニストたちは「スキレットが育ってきた」という。)鍋にごはんがこびりつかなくてよい。ニンニクのみじん切りと共に残りご飯を炒めると美味しいガーリックライスができ、悪魔の食べ物である。

C2d3f89d023f4c858ecab9743c244200

 

| | コメント (4)

2019年12月 1日 (日曜日)

人間をダメにするリンゴのホットケーキ

私は常々「タルトタタン」は人間をダメにする食べ物だと思っている。とくに文化村で食べられるタルトタタンはヤバイ。こんがりと焼いてある焼きリンゴのタルトにアイスクリームが添えてある。アレはダメだ。美味しすぎる。自分でダメダメダメと言い聞かせて、ここ何年も食べていない。

大体、タルトタタンという食べ物。アレは調理を失敗してできた偶然の産物なのだ(オーブンの中で間違ってひっくり返した説、リンゴを煮ている最中に焦がしちゃった説等あるらしい)。焦げたリンゴというのは本当にヤバイと思う。

・・・てな感じで私はタルトタタン、及び普通のアップルパイ及びアプフェルシュトゥルーデル(オーストリア伝統のアップルパイ)が大好きだ。しかしうちにはオーブンも電子レンジもないので作れない。しかし。うちで大活躍中の「スキレット」でなんとタルトタタン的なものができるらしい。先日ドン・キホーテ(R・シュトラウスではなくお店である)で75円でホットケーキミックスを購入してたのでそれっぽいものを作った。リンゴはたまたまオオゼキで1個98円で売ってたので買った。

手順としては、
①スキレットを熱してバターを溶かし、細かく切ったリンゴとハチミツとレモン汁を入れて炒める。キャラメリゼ(茶色くなるまで焦がす)する。火を止めてちょっと冷ます。
②ホットケーキミックスに卵・牛乳を入れて普通にホットケーキの生地を作り、若干冷ましたリンゴの煮たのの上から流し込む。
③テキトーに温めたオーブントースターにスキレットごとぶち込む。温度調節可能なトースターならば中くらいの温度で。5分~8分くらい?膨らんで表面がいい色になったら取り出す。
④バターとかハチミツとかメープルシロップとかそれっぽいものをかけて出来上がり。

本来ならリンゴを煮るのはお砂糖なのであるが、うちには砂糖がないのでハチミツで。もうちょっと焦がしたほうがよかったかな。あれば、シナモンを入れてもいいかも。

実は昨日は余ってたさつまいもをふかしてつぶしてホットケーキに入れて焼いたのだけど、あんまり普通のホットケーキと変わらない見た目だったので写真は撮らなかった。大変美味しかったけれど。バナナでも美味しいかもね。

3efb9f21e9b4483ea33fc495ef11ddf0

4bb231ce5f184e47859b0b70eeb12d2b

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土曜日)

映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(2017年)

Pennywise

先日、テレビ放映されたが録画するのを忘れたのでauビデオパスで鑑賞。ホラー映画としてはよくできてるし面白かったといえば面白かったけど。

なんかもう、アメリカの学校のシーンはどんな映画でもどんなテレビドラマでも怖くてしょうがない。大体学校の廊下のロッカーの並んでいるところを歩いていると「冴えない子たち」たちは「イケテルけどなんか怖い不良の子たち」に声をかけられて、罵声を浴びせられ時には暴力を振るわれたりする。そのたび、「ああ、アメリカに生まれなくてよかった」と思う。

まあ、日本でも学校のいじめは普通にあるし、私もどっちかっつーと虐められるほうの人だったからどこの国でも変わらないとは思うものの・・・なんかアメリカのいじめってあまりにも残酷すぎて、なんかもう無理。男子も凄い暴力的だけど、女子もなんか・・・この映画ではトイレに入っている女の子に汚物を頭からぶっかけたりする・・・しかし虐められっ子のこの映画の若きヒロインは結構普通に対応しているので、日常茶飯事なのかな、とも思う。

まあ、いつもネットでパロディを見かける排水溝から覗くペニー・ワイズを映画でちゃんと見るのは初めてだったので、「ああ、こういうことなの」と思った。子供たちが力を合わせて悪と戦うという友情物語なのに、残酷な血みどろシーンが多くてR15+指定である。まあ、スプラッタ苦手な私がお昼ご飯のおうどんをすすりながら観ても大丈夫な程度だからそんなに怖くない。ただ、下水溝が舞台の話なので食事しながらはかなり不向き。カレーうどんでなくてよかった。

映画によるとペニー・ワイズさんは27年ごとに事件を起こすそうなので、現在公開中のITは大人になった子たちが再び結集して【それ】と戦う話なんだろうな、たぶん。何でペニー・ワイズさんは子供を誘拐して殺しまくるのか、どうして最近マクドナルドにドナルドは見かけないのか(←それは関係ない)、そのへんが解き明かされるのかな。映画館で観るかどうかわからんけど。

-----

「"それ"が見えたら終わり」と言って思い出したが、一昨日夜中に目が覚めてしまったので、YouTubeで島田〇平さんの怖い話を見聞きした。で、話のシメが(わりとよくある)「この話を最後まで聞いてしまったら、同じ子供の幽霊があなたのところへ今晩遊びに行く」というようなものだったので、昨日わくわくして眠りについたものの、朝まで目が覚めなかったので幽霊はこなかったみたい。まあ何十万も再生回数があるのでそんなにいちいち遊びに行けないだろうなあ、とは思うものの残念。お菓子でも用意しておけばいいかな。

私はYouTubeをかなり見るほう(クラシック音楽以外でも)なんだけど、最近は「ダンナの給与があまりにも安いのですっげー食費を削って料理してる」みたいなやつがあり楽しくみている。それに触発され(パラリンピック当選で貯金がぶっとんだため)、最近は朝昼晩自炊でがんばっている。大好きなビックマックも松屋のハンバーグ定食も我慢して。休日はご飯をたくさん炊いて「炊き出しか?」と思うほどおにぎりを作って冷凍しておく。あとはおかずをちょっぴり作ってお弁当に詰めて持っていくだけなので楽である。(まあ、友達と食事に行くのは「交際費」なのでゆるして)

あと、最近凝っているのは「スキレット」という代物。ニトリなどで売っているちっちゃい鋳物のフライパンである。私は何年か前にニトリで木製の鍋敷きとともに買ったんだけど、使う前の油通しとかがめんどうくさくて何年も放置していた。

しかしこないだ意を決して「スキレット」を出して「シーズニング」とやらをやってみた。「シーズニング」とは購入したばかりの「スキレット」を洗剤でかなり念入りに洗い、コンロで熱して油を入れて熱したり野菜くずを入れて炒めたりする、油慣らしみたいな行為である。これをしないと工場で作ったときのさび止めワックスを食べちゃうことになる。さらに調理後はお湯で洗って熱して油を塗っておかなければさびてしまうので、ちっちゃいくせにかなり手入れが面倒くさい調理器具である。(なので放置しておいたのだが)

しかし、なかなかこの「スキレット」とやらはいい働きをする。鶏肉やら豚肉やらの(そんなに高くない)肉にハーブソルトをまぶしてオリーブオイルで焼いて、他にポテトやシイタケなどを一緒に焼くだけで、普通のフライパンで焼くよりもずいぶん美味しくできる。鯖なんかも美味しい。あと、皿に盛り付けなくてもそのままで食卓で食べられるのでおしゃれだし、なかなか冷めないので最後まで美味しく頂ける。お弁当のおかずも「ただ焼くだけ」みたいなものでも結構美味しくできる。

前記のお弁当用に作ったおにぎりも、「スキレット」で焼いて醤油をちょっぴり垂らすと美味しい。あと、今日初めて作ってみたけどホットケーキも普通のフライパンで焼くよりふかふかして美味しい。手入れが若干面倒とは言え、愛情をかければかけるほどどんどん料理が美味しくなる(気がする)ので、なんでもっと早く使わなかったのだろうと思う。
02715cc68a75428e88c996168962bc94
(先日IKEAで購入した肉団子とリンゴンベリージャム添え。ポテトはベルギー製・・・と言っても業務スーパーだけど)

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木曜日)

映画「アナと雪の女王2」

Anatoyukinojoou2

月曜日に半休を取って日比谷にて鑑賞。アナ雪は吹き替えに限る(と思っている)のでもちろん日本語吹き替え版で鑑賞。しかしまあ・・・何というか。私が頭が悪いせいなのかあまりよく内容が理解できず。ディズニーアニメなのにおかしいなあ。はっきり言って子供向けではないように思う。

公開早々なのでネタバレは避けるが、アナもエルザも前作に比べてかなりアグレッシブというか、格闘ゲームみたいな感じ。強い山の男的なクリストフはヘンなアリア的なものを歌うけれど(クイーンの曲みたいな感じ)、アナとエルザの超男前っぷりと比べると「なんかどうでもいい」感。

大人の事情で声優が変わったオラフは、何故かとても頭が良くなっていてアナやエルザにいろいろと教えてくれるもんで、「雪だるまも成長するんかいな」とか思った。声優さんが上手なのか、全く違和感なし。

ネタバレしないようにしていると全く感想文にならないのだけど・・・まあ、エルザが何故魔法を使えるのにアナは普通の人間なのか、そしてこの姉妹の最終的な運命は・・・というところが重要。あと、前回はそんなに重要でなかった両親が結構出てくる。まあ・・・続編作るために色々と設定を彫り込んで作ったみたいな感じはあった。そして新キャラのサラマンダーは大変カワイイが・・・意外と活躍はしない。

私がアホなせいか、まあいろいろとあまりにわからな過ぎてネットで「謎解き」みたいなのを読んでやっと「ああそうか~」と思う感じ。まあ、映像は美しいし松さんも沙也加さんも相変わらずお歌が上手なので、これだけ聴きに行ってもいいくらい(というかほとんど私はそうなんだけど)。

なんかよくわからないのが・・・エンディングの歌を松さんと違うおにゃのこが歌っているのだが・・・別にここは松さんでもよくない?そんなに声質は変わらない気が。何かプロモーションの関係かな。

映画終わって・・・隣にいた20代くらいのおにゃの子たちがお話ししているのをきいてちょっとびっくり。「松たか子ってこんなに歌うまいのね~。すごく声が伸びるし。全然知らなかった」「そうだよね~」と。ええ?今頃~~?? 君たちはどの時間軸を生きてきたのか? パラレルワールドなの??

----

この文章書きながら、ウィーン国立歌劇場の「エウゲニ・オネーギン」を鑑賞。うーん、なんか姉妹もののオペラってアナ雪に似てるなあって思ってしまうね。「アラベラ」なんかもそうかな。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日曜日)

東京アカデミッシェカペレ第58回演奏会 コダーイ「ミサ・ブレヴィス」他

Academischekapelle

O. レスピーギ 「ローマの噴水」
Z. コダーイ 「ミサ・ブレヴィス」
B. バルトーク 「オーケストラのための協奏曲」
指揮:石川 星太郎 東京アカデミッシェカペレ
独唱:中山 美紀(Sop.) 小泉 詠子(Alt.) 藤井 雄介(Ten.) 藪内 俊弥(Bas.)
(BUNKAMURAオーチャードホール)

このコンサートが終わった後友人らと食事に行く予定だったのだが、日にちを一週間間違えていたことに本日気づいた。なんだろうこのそそっかしさサザエさん級。まあコンサートの日にちを間違えなくてよかった。いつも素敵なコンサートありがとうございます。

前回のツェムリンスキーのレアな声楽曲に続き、今回もレアなコダーイの声楽曲。大体コダーイなんて「ハーリ・ヤーノシュ」しか知らないのだが。それにしてもいつもどっからこのレア曲を見つけてくるの。

まずは「ローマの噴水」。「松」でもなく「祭」でもなく噴水。松や祭に比べてドンチャン騒ぎ感が少ないけど、もし1曲目に松や祭だったら盛り上がりすぎてしまうからかもなあ・・・と思いつつ、演奏は噴水感が素晴らしい。水しぶきが凄い感。泉って言ったらやっぱりトレヴィの泉よね(←イタリア行った事ないのであんまりよくわからん)。

次は(あたし的には)メインのコダーイ。どんな曲なの?と前勉強的にYouTubeで2曲目のグローリアだけ聴いてった。なんというかテノールの「前説」的な出だしの独唱が無伴奏で謎の大昔感があってかっこいいと思う。グレゴリオ聖歌っぽいっつーのか。他はなんともいわく言い難いのだけど、適度に盛り上がるなかなかいい曲だった。長さも丁度いいし。ハンガリーっぽいとかコダーイっぽいのとかは不明。そもそもコダーイの作風がよくわからんのだが。

バルトークのオケコンは・・・前もどっかで書いているが、子供の頃にショルティの演奏を毎日のように聴いていたのにもかかわらず、魅力がよくわからず・・・結局はあのクラリネットのソロの部分からばっかりが好きで前半あんまりよくわからないので(ごめんなさい)、演奏の感想とかはあまり(いつも)ないのですが、wikipediaを見るとこの曲はとても演奏難しいそうなのでそれを感じさせないのは本当に上手なんでしょうなあと・・・あ、クラリネットのソロ上手でした。

さて、こちらのオケ(と合唱団)は次回はあの難曲中の難曲「戦争レクィエム」を演奏されるそうなのですが、作曲者でさえ指揮するの「難しい、難しいね」と言ってたくらいなのでアマオケさんが演奏するのは凄い(そういえば私、この曲何回もナマで聴いてるけどアマオケで聴いたことないな)。

----

演奏会終わって、渋谷が(いつものように)めちゃくちゃ混んでいたので、メガドンキでタイムセールのお茶缶とかチョコボールとか買って(塔には寄らずに)渋谷を脱出。家に帰ったらえんえんとサザエさんをやっており(アニメも実写も)、ずっと見ていた。松岡茉優ちゃんは「蜜蜂と遠雷」でオカッパ頭だったのは「もしかしてサラオットちゃんを意識したのか?」などと思ってたが(原作読んでないからわからんにょん)、なーんだワカメちゃん役を同時進行してたからかあ~と勝手に納得してた。それにしても重いドラマだった。アニメのほうはロスアンジェルスに行ったりして華々しいのに。ついでに本日のEテレはロス・フィルなのは偶然かな。「未知との遭遇」大好きなので嬉しかった。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水曜日)

映画「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」

Andreabo

会社の給与計算システムが使用不能だったので急遽午後半休を取って亀有へ。東京オリンピックの2次募集(3次募集?)が当たりますように、と願掛けに香取神社に行ったあと、隣にある映画館(というかショッピングモール)へ。

本当はゴッホの映画かターミネーターかどっちか?と思ったらこの映画をやってたので急にこれにした。べつにボチェッリの全然ファンじゃないけど、やっぱりクラシック音楽映画は観ておかないとね。

ボッチェリは日本でも有名になったときのかなり前の外見しか覚えてなくて、最近の姿を見て「やっぱり年を取ったなあ」という印象。実のところ声は美しいとは思ってたけれど(ドイツオペラでなく)イタリアオペラのせいか、というかどうしても「盲目のテノール!なんと感動的!」という印象が先に立って、さほどのめり込めない感じはぬぐえない(ぬぐえなかった)。

さて映画だが、予想より面白かった。障害を乗り越えてスターの地位を勝ち取った!何と感動的!みたいな感じよりは、周囲の愛情に恵まれていたこともあり、どっちかっつーと(普通に生きている我々よりは)才能に恵まれたせいもあり全然幸せな人生かもという印象。まあ、そもそも裕福な家に生まれたというのもあるし、イタリア人特有の(←偏見?)大らかな気質もあり、また意地悪な人もほとんど登場しないこともあり(というか、もしや本人はあんまり気付かなかったのかも?)、観終わってなんか温かい幸せな気持ちになるのでほんと有難い。

全然お涙頂戴な映画ではない、ご本人は盲目な以外はごくごく普通の女好きのチョイエロイタリア人のお兄さんな印象。目見えないのにバイクをぶっ飛ばしたり(後ろにお友達は乗せているけど)、馬に乗ったり(馬は目が見えるもんな)、結構何でもできる感。親戚のオジサンご協力により、テープに教科書を読み上げたものを吹き込んて必死に勉強した結果大学にも合格し、卒業後は弁護士となった(別にオペラ歌手にならんでも十分生活できた)。まあ盲目の弁護士ってだけで結構映画になりそうな気もするけどな。

イタリアが舞台なのに何故かセリフは英語なのと(世界レベルでの上映のためなのか?それにしては上映館は少ない)、この程度のラブシーンでR12なのが本当に不思議というか残念だ。12歳以下のお子様に見せてもいいのではと思う。音楽的には好きなアンドレア・シェニエのアリアがたくさん聴けてとてもありがたかった。オペラの知識なくても十分楽しめる(というよりはあんまり関係ない)が、若干前情報があったほうがより楽しめるかと。

----

新作の「寅さん」の上映が近いということで、ショッピングモールの中に舞台セットが組まれて展示してあったり、過去の寅さんの映画を(全部じゃないけど)リバイバル上映する予定があったりさすがは亀有という感じがある。考えてみると私はまあまあ寅さんの映画を観ているはずなんだけど映画館で観たことは全くない。これを機会に何か見てみようかなとは思ったものの、寅さんがウィーンにいくやつ(「寅次郎心の旅路」)の上映がないようでがっかり。こないだ実家でBSかなんかでやってたのを両親と観たばっかりなのだけど大スクリーンでシュテファン大聖堂とかゼセッションとかみたかったなあ。竹下景子さんも若くて奇麗だしね。あ、寅さんの新作は絶対観ます、亀有で。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土曜日)

ヘンデル「アリオダンテ」ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング

2a7a5c6ce53a4dc2b2481f90df014d16
Dirigent Christophe Rousset
Regie David McVicar
Ausstattung Vicki Mortimer
Licht Paule Constable
Choreographie Colm Seery
Orchester Les Talens Lyriques
Chor Gustav Mahler-Chor
 
Ariodante Stephanie Houtzeel
Ginevra Chen Reiss
Dalinda Hila Fahima
Polinesso Max Emanuel Cencic
Lurcanio Josh Lovell
Il Re di Scozia Peter Kellner
Odoardo Carlos Osuna

49d5f37221884fb8af45d0441889c229

貧困の極みなのでライブストリーミングの課金をやめようと思っているのだが、バロックオペラは観たいので引き続き契約は続行中。お正月の「こうもり」も観たいしなあ・・・お金ないくせに。

ところでヘンデル(ハンデル)はどのカテゴリーにしたらいいか迷うところだ。そもそもドイツ生まれだけどイギリスに帰化したしなあ。でもこのオペラの初演はロンドンらしいのでとりあえずイギリスの作曲家ということで。しかもイタリア語のオペラなのでイタリア・オペラかもしれんし・・・(悩)。

<あらすじ>
16世紀のスコットランド。女性が不倫すると死刑になるという時代の話。悪者ポリネッソはスコットランドの王位を得たいがために王女ジネヴラに求婚するがすでにアリオダンテと婚約していた。そこでポリネッソは悪だくみをして王女を不貞の罪に陥れようとする。最後は誤解が解けて祝福の合唱で幕が降りる。

あらすじ途中でめんどくさくなってしまった。まあ、バロックオペラなのでおんなじ歌詞を何回も歌うしなかなか話も進まないので音楽的には結構退屈かなと思ったりもするけど、なかなか演出が面白く出演者も美男美女が多いので飽きずに最後まで見られた。

バロックオペラの魅力は何と言っても性別が錯綜しているところだと思う(私は)。ヒーローの役のはずのオルランドは当然のように男装の麗人であり(女性なのに背が高くてなかなかかっこいい)、悲劇のヒロインのジネヴラ役の歌手も女優さんかなって思うほど奇麗。彼女を(心ならずも)陥れてしまうダリンダ役の人もチャーミングである。彼女に思いを寄せるルルカニオ役の男性もかっこいい。

舞台も1幕目はウィーン美術史美術館から飛び出てきたのではないかと思うくらい美しいが・・・物語が進むにつれてなんか色々と象徴的なものが出てきて・・・なんだかよくわからんことも。まあ古いオペラって一周回って前衛的になるのかな。

美男美女たちの出演者に混じって、悪役のポリネッソの人が本当に悪役顔で・・・(笑)。スキンヘッドに髭でいやなんかプロレスラーみたいな感じで武藤敬司さんを思い出したんだけど、カウンターテナーだから声は女性のアルトなもんで・・・最初歌いだしたときに「え」って声がでちゃうくらいびっくりした。「クロちゃんでーーーす。ワワワワ~」なんてもんじゃなかった。

あと、オペラだけどバレエダンサーの人々が全体的に大活躍で。第一幕でヒロインが歌いながらバックダンサーの女性たちと踊っているのはまるでナントカ坂46みたいだし、男性のバックダンサーが躍っているところはジャ〇ーズ系っぽくてよかった。

| | コメント (0)

«映画「蜜蜂と遠雷」